反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

反社チェックはどこまでやるべきなのか | 反社の定義や対処法について解説

反社チェックを実施したいが、具体的に何をどこまでやればいいのか分からないというケースは多いのではないでしょうか。そのためには、事前に反社の定義、調査範囲、方法、対処法などを理解しておくことが、必要な準備となるでしょう。この記事では、「反社チェックはどこまで実施するべきなのか」という疑問に答えつつ、具体的なやり方や対処法を解説します。

反社チェックとはどんな調査方法か

そもそも反社チェックとは、どんな調査方法なのかをまずは確認します。

「反社会的勢力」かどうかを確認する調査

反社チェックは、相手企業やそこに属する個人が「反社会的勢力」でないことを確認する方法です。近年は、反社会的勢力との関係を持つことには大きなリスクが伴うため、事前の調査は欠かせないものです。多くの企業が反社チェックを実施し、安全かつ安心できる状態を確認してから取引や契約を行っています。

どこまでが反社会的勢力に分類されるのか

反社チェックを行う際には、どこまでが反社会的勢力として分類されるのかを把握しておくこともポイントです。

反社会的勢力の定義

反社会的勢力の定義は、2007年に公表された法務省の指針によると「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人」となっています。暴力団だけでなく、半グレ、特殊詐欺集団、政治運動標ぼうゴロなども、反社として分類されるのが一般的です。

反社チェックに関する方針

反社チェックに関する方針は、政府や各都道府県によって提示されています。

政府や都道府県がどこまで方針を打ち出しているのか

政府は「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を提示し、どこまで企業が対処すべきかを明確にしています。また、地方公共団体は「暴力団排除条例」を制定し、どこまで企業が反社のことを意識すべきか規定しています。

法律による罰則などはありませんが、上記の方針や条例に違反した場合「善管注意義務違反」で責任を問われる可能性はあります。反社チェックを行う際には、これらの情報を参考に調査の計画を立てることがポイントです。

反社チェックの基準は「どこまで実施するべきか」を確認してから決める

反社チェックの基準を決めるためには、自社でどこまで調査するかを確認しましょう。

反社チェックの方法は各企業に任されている

基本的に反社チェックの方法や範囲は、各企業に任されています。政府などから方針が示されてはいますが、具体的な方法や手順は明確になっていないのです。

そのため反社チェックは各企業がそれぞれ独自で行い、結果を保存しておく必要があります。正確な調査を行うためには、反社チェックをどこまでやるべきか明確にするのがポイントです。

反社チェックはどこまで実施するべきか

ここでは、具体的に反社チェックはどこまで実施するべきかを解説します。

反社チェックはどこまで実施するべきか① 調査対象となる範囲

反社チェックの調査対象には、一般的に取引先の代表者、役員、株主、社員、主要取引先などが含まれます。どこまで調査するべきか迷ったときには、最低限これらの情報は収集しておくのがおすすめです。

また、調査した内容の詳細(いつ、誰が、どのような結果だったのかなど)を記録して、万が一反社会的勢力と関係を持ってしまった場合にもきちんと確認をした証明ができるように備えましょう。

反社チェックはどこまで実施するべきか② 自社も調査範囲に含まれる

反社チェックの対象は、自社の社員や株主も含まれます。定期的に自社の内部を確認して、問題がないことを証明することも重要です。

新卒・中途社員の採用時などにも、万が一を想定して反社チェックを実施することがあります。

反社チェックはどこまで実施するべきか③ 調査を行う範囲は企業ごとに異なる

反社チェックをどこまで実施するべきかは、企業ごとに変わってきます。一般的には現役の役員までを対象とするケースが5割、主要株主や取引先までを対象とするケースが3割程度と言われています。

こちらの割合を参考に、自社で確認する範囲を決めることも考えられるでしょう。

反社チェックはどこまで実施するべきか④ 直接の接触などは避ける

反社チェックを行って仮に相手が反社会的勢力だと分かっても、直接的な接触や対応は避けましょう。

刺激することでトラブルに発展し、企業の実務や社員の生活に支障が出る可能性があります。

基本的に反社チェックをした事実を記録して、相手との契約を中止するだけでかまいません。

反社チェックはどこまで実施するべきか⑤ 定期的に調査する機会を作る

反社チェックは1度だけでなく、定期的に実施するのもポイントです。既存の取引先でも代表者や役員が変わることで、反社と新たな関わりを持つケースがあります。

定期的なチェックで反社会的勢力の介入を洗い出し、迅速な対応ができるように備えましょう。

反社チェックの方法

反社チェックの具体的な方法を知るには、以下の内容が参考になります。

初期段階の反社チェックではどこまで調査すべきか

反社チェックの初期段階では、まず相手企業および関係者の情報をネットで検索します。過去に問題があった事実がないか、反社会的勢力との関係を疑うような情報がヒットしないか確認しましょう。

商業登記情報も確認し、不自然な会社名・役員の変更が行われていないか、提供されている情報と違いがないかなどを照らし合わせます。

危険度の低い場合の反社チェック

反社チェックの結果、相手企業の危険度が低い場合には、「反社会的勢力に対する条項」を契約書に盛り込んで相手の反応を確認します。契約に難色を示した場合、相手にとって都合の悪い何かがあると判断可能です。反社会的勢力との関連性を疑う理由にもなるため、反応がおかしい場合には契約を中止することも検討されます。

危険度が高い場合の反社チェック

反社チェックによって相手企業の危険度が高いと判断される場合、さらに追加で詳細な調査を実施します。

例えば関係企業へのヒアリングや業界団体のデータベースを使った照合、現地調査(オフィスや会社の周辺環境)などによって企業の実態把握に努めましょう。

必要に応じて専門の調査機関や興信所を活用して、本格的な調査を依頼することも考えられます。

反社チェック後の対処はどこまで実施するべきか

反社チェックを実施した後には、企業としてどこまで対応するのが適切なのでしょうか。

以下からは、反社チェック後の対処方法について解説します。

まずは上司などに状況報告を行う

反社チェックの結果、調査相手が反社である可能性が出てきたら、まず上司や担当者、周囲の人に相談しましょう。効果的な対処法を実践するためには、上司および会社からの指示を待ち、適切な方法を見定めてから動くのが基本です。

決して自分の判断だけで対応せず、会社全体で対処するようにしましょう。

暴追センターや警察からの情報提供を受ける

反社チェック後には、暴追センターなどを使って情報を照会し、「疑い」を「確証」に変えます。

信頼できる情報源でも反社会的勢力の可能性を拭えない場合には、相応の対処が必要です。警察や弁護士へ早めに相談し、具体的な対処法を指示してもらいましょう。

理由を告げずに契約を中止する

反社チェックによって相手企業が反社会的勢力であると確証を得たら、契約を中止しましょう。

その際には特に理由を告げず、ただ契約の中止という事実だけを伝えるのがポイントです。

反社チェックを理由にするとトラブルやクレームに発展し、問題が大きくなる恐れがあります。

契約の中止時に理由を話さなければならない義務はないため、そのまま相手企業と距離を置くのが正解です。

まとめ

反社チェックをどこまで実施するのかという問題は、最初に解決しておくべき課題でもあります。この機会に反社チェックの具体的な方法や流れを確認し、どこまで自社で確認作業を行うべきなのか明確にしておきましょう。

反社チェックのコストを削減して効率化を図りたいときには、専用ツールである「RoboRoboコンプライアンスチェック」の活用がおすすめです。本ツールはネット検索と新聞記事検索を同時かつ自動で行ってくれるため、簡単に複数企業の反社チェック・コンプライアンスチェックが行えます。

検索した企業の結果は履歴として残るため、後から情報を確認する管理ツールとしての役割も担えるのが特徴です。SBI証券も上場準備に活用できる推奨ツールとして認めているため、将来的に会社の上場を考えている場合にも有益なシステムとなります。価格も他社製品と比較して安価です。

この機会に本格的な反社チェック環境を自社に作るために、RoboRoboコンプライアンスチェックを導入してみてはいかがでしょうか。