作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』を提供開始

無料で利用できる反社チェックツールは?導入のポイントも解説!

取引先が反社会的勢力と関わりがないかを確認する「反社チェック」は、企業活動において必要不可欠です。しかし、反社チェック作業に手間や時間がかかって困っているという担当者の方もいるのではないでしょうか。

この記事では、無料で利用できる反社チェックツールや導入のポイントを解説します。反社チェック効率化の参考にしてください。

反社チェックとは?

反社チェックとは、取引先が反社会的勢力と関係していないかを、さまざまな情報を通して判断することをいいます。反社会的勢力とは、暴力団や半グレ集団などを指す言葉で、これらの組織と取引先やその役員などが関係していないかを確認します。

反社チェックの3つの手段

反社チェックは、主に3つの手段で行います。ここでは、それぞれの調査方法について解説します。

インターネット検索

インターネット検索は、検索エンジンを使って取引先について調べる方法です。取引先の社名や代表者名、担当者の氏名などを検索します。反社会的勢力とのつながりを思わせる情報や、コンプライアンス違反などの情報が出てこないか確認しましょう。

新聞記事検索

新聞記事検索は、各新聞社が提供している新聞記事のデータを検索する方法です。インターネット検索同様、社名や代表者名などで検索して、反社会的勢力や事件などに関わる記事がないかどうかを確認します。

専門調査会社照会

取引先についてより詳しく調査をしたほうが良いと判断した場合は、専門の調査会社に調査を依頼します。追跡調査などを行うため、インターネット検索や新聞記事検索などではわからない情報も入手できます。

反社チェックの必要性

「なぜ反社チェックが必要なのか」という疑問を持っている人もいるかもしれません。ここでは、反社チェックの必要性について解説します。

政府指針の発表

2007年に、政府から「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」が公表されました。この指針には、企業が反社会的勢力との関わりを回避するための基本原則や、取るべき対応などが記されています。

企業のコンプライアンス

企業活動において、コンプライアンスに対する姿勢は重要です。コンプライアンス対応には、反社会的勢力と関わりを持たず、資金を提供しないことなども含まれるため、企業として反社チェックをしっかり行わなければなりません。

新規上場の審査

適切に反社チェックを実施しているかどうかは、新規上場の審査基準となる企業の信用力の判断材料のひとつです。反社チェックの対応が不十分では、上場は難しいでしょう。

企業自体の存続・価値の維持

反社会的勢力と関わりを持ってしまうと、上場廃止や融資停止など、企業の存続が危ぶまれる事態に陥るかもしれません。また、反社会的勢力とつながりがあると世間に公表されると企業の価値が維持できず、取引先や顧客を失う可能性も高くなります。

反社チェックでよくある悩み

反社チェックの重要性を理解していても、実際に自社で反社チェックを行うにはいくつかの課題があります。

例えば、「具体的な調査方法がわからない」「調査内容に漏れや間違いがないか心配」といった悩みです。初めて反社チェックを行う担当者は、まずどのように調査をすれば良いのか迷ってしまう人も少なくありません。

調査の専門家ではないため、自分が調査した結果が本当に正しいのか不安を持ってしまう人もいるでしょう。

また、インターネット上の情報や新聞記事は量が多く、調査に時間や手間がかかります。反社チェック専任の担当者がいない企業では、他の業務の合間に調査を行わなければならず、担当者の負担が大きくなる点も課題の一つでしょう。

反社チェックツールの導入によりできること

自社での反社チェックについて、信頼性や作業工数などの悩みを抱えている場合は、反社チェックツールの導入がおすすめです。専用のツールを活用することで、調査内容の信頼性向上や、作業効率のアップなどが可能になります。

例えばRoboRoboコンプライアンスチェックを使うと、取引先のコンプライアンス状況や反社会的な活動がないかどうかなどを自動でチェックできます。

調査したい取引先をExcelから一括登録したり、1クリックで何社もまとめて検索したりできるため、調査にかかる手間や時間を大幅に軽減可能です。

AIが関連記事を自動選別するため、信憑性の高い情報を効率よくまとめられます。証跡をまとめてダウンロードする機能もあり、保存作業の手間も省けます。

反社チェックツールを導入する際のポイント

自社にあった反社チェックツールを選定するために、いくつかのポイントを押さえておきましょう。ここでは、反社チェックツールを導入する際のポイントを解説します。

自社における課題・問題点を確認する

適切なツールを選ぶためには、まず自社が抱えている課題や問題点を明確にする必要があります。「チェック作業に手間がかかって担当者の負担になっている」「取引先が多いため効率的に調査を行いたい」など、自社の反社チェックの現状を確認し、課題を洗い出してください。

反社チェックについ何かしらの問題を抱えている場合、反社チェックツールの利用を検討しましょう。

反社チェックツールの利用範囲を決める

反社チェックツールの利用目的を明確にし、機能と利用目的が一致するツールを選ぶことが大切です。人的コストの削減やコンプライアンスの強化、より詳細な情報収集など、なにを目的にツールを導入するのか検討しましょう。

利用目的が不明確では、ツールを比較する際に重視するポイントを定められません。たくさん機能があるツールはコストがかさむ可能性もあります。自社にあった適切なツールを選ぶために、ツールを導入する目的と利用範囲を決めておきましょう。

適切な反社チェックツールを選ぶ

ツールによって利用料金や機能が異なるため、自社が抱える課題を解決できるツールかどうかを確認しなければなりません。ツールごとの特徴を比較し、自社にあったツールを選びましょう。

予算が限られているなら、無料や定額で使えるツールを選ぶのがおすすめです。反社チェックにかかる時間や工数を削減したい場合は、自動検索機能が搭載されたツールを導入すれば課題解決につながります。

製品によって、情報源や詳細な機能が異なります。検索精度やデータ連携、証跡の保存方法なども異なるため、利用目的にあったツールを選ばなければなりません。オプション機能が提供されている場合は、追加料金の有無などもチェックが必要です。

無料で利用できる反社チェックツールは?

「反社チェックのための予算が少ない」「お試しでツールを利用してみたい」といった要望もあるかもしれません。そのような場合は、無料で利用できる反社チェックツールを選びましょう。

ここでは、無料で利用できる反社チェックツールであるRoboRoboコンプライアンスチェックを紹介します。

RoboRoboコンプライアンスチェックとは?

RoboRoboコンプライアンスチェックには、完全従量プランという基本料金がかからないプランが用意されています。月5件までの検索なら無料で利用でき、検索数に応じて月額料金が設定されているという点が特徴的です。

上場企業を含めた1,000社以上に導入しているという実績があり、安心して利用できます。検索結果が残るため、管理ツールとしても活用できるというメリットもあります。

実際の導入事例

ボイスメディア「Voicy」を運営している株式会社Voicyでは、2020年5月からRoboRoboコンプライアンスチェックを導入しています。RoboRoboコンプライアンスチェックの導入によって、新規取引先の調査にかかる作業効率が大幅にアップしました。

Voicyでは、審査によって配信者を決定しています。その審査には毎月500人以上の応募があり、従来の手作業でのコンプライアンスチェックでは、多くの作業時間が取られていました。

しかし、RoboRoboコンプライアンスチェックの導入によって、従来の4分の1程度の時間で処理できるようになっています。作業時間の短縮によって営業プロセスが止まることもなくなり、社内でも好評を得ています。

まとめ

新しい取引先と契約する際は、契約前に反社チェックを行わなければなりません。政府や自治体から反社会的勢力の排除に関する指針や条例が出ているため、企業としてしっかりと対応する必要があります。

しかし、自社での反社チェックの実施に課題を抱えている企業もあるでしょう。調査の信頼性や作業負荷について課題がある場合は、反社チェックツールの導入がおすすめです。

本記事で紹介したRoboRoboコンプライアンスチェックを使えば、調査件数が多い場合でも一括検索が可能なため作業負荷が大幅に軽減できます。基本料無料の完全従量プランもご用意しているため、ぜひ導入をご検討ください。

資料請求