反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

企業情報を無料で調べる方法とは?有料サービスもあわせて紹介

ビジネスを円滑に進めるために、取引先の企業情報を取得したい人は多いと考えられます。手軽に企業情報を調べるには、無料で情報収集可能なサービスを利用しましょう。

おすすめの企業情報調査サービスも紹介するので、取引先の調査にお役立てください。

企業情報とは?

企業情報とは、会社概要や経営状況、企業理念などに関する情報を指します。たとえば、以下の内容は企業情報に該当します。

・企業名

・事業内容

・本社住所

・事業所や支店などの住所

・代表者名

・法人番号

・電話番号

・従業員数

・資本金

・売上高

・取引銀行

コンプライアンスチェックや与信調査、営業リスト作成などの際に、担当者は対象の企業情報をつぶさに調べます。まんべんなく企業情報を調査し、問題のある企業との関わりを避けましょう。

企業情報を無料で取得する方法

無料で企業情報を取得する際は、以下の情報源を活用しましょう。

・企業の公式ホームページやSNS

・会社四季報

・企業情報検索サービス(無料のもの)

・有価証券報告書

・登記簿謄本

・口コミサイト

・図書館

・新聞

企業情報を調べる際は、情報源が偏らないようにしましょう。情報のなかには、信憑性に欠けるものもあります。信憑性の高い情報を見分けるためには、多数の情報ソースを収集して判断する必要があります。

企業情報を無料で取得できるサービス

基本的な企業情報は、無料のサービスでも取得可能です。企業情報を無料で取得できるサービスを紹介します。

FUMA

FUMAは、ログイン不要で利用できるサービスです。FUWAは、独自の基準で有力企業を選別し、情報を掲載しています。取り扱っている情報は、インターネットや有価証券報告書など、一般公開されている情報をベースにまとめられています。

FUMAは、営業リスト作成におすすめのツールです。地域や事業内容、売上高などの情報から該当する企業を絞り込みましょう。なお、取得できる情報は、企業名・住所・代表者名・資本金・従業員数などです。

法人番号との紐付けや業種細分類、財務データに関わる情報などが必要な場合は、有料のFUMA・NOKIZALから入手しましょう。

FUMA

Musubu

Musubuは、営業リスト作成に特化したデータベースで、見込み顧客の抽出やアプローチ手段の検討に役立てられます。企業名・企業概要・代表者名などの基本的な情報から、新卒採用人数・代表者の出身大学・代表者の年齢・売上高増加率などの詳細な情報まで、幅広い情報を取得可能です。

Musubuは、フリープランを選択すると無料で企業情報を取得できます。ただし、フリープランで検索できる企業情報は、月間30件に限られます。

Musubu

BIZMAPS

BIZMAPSは、オリジナルな視点から企業情報を得られるサービスです。企業概要や住所などの基本的なデータはもちろん、特定の展示会に出展している、マッチングサイトに登録しているなどのような、ピンポイントな視点からの検索が可能です。BIZMAPSでは、数千人のリサーチャーにより日々データが更新されています。そのため、情報の正確性と鮮度が魅力といえます。

BIZMAPSのフリープランでは、月100件まで無料で企業情報を検索可能です。

BIZMAPS

ザ・ビジネスモール

ザ・ビジネスモールは、商工会議所・商工会が運営している商取引支援サイトです。会員企業同士のマッチングを目的としており、企業の基本情報に加え、商品やサービスの一覧、PR情報なども検索可能です。また、大手企業検索サイトに掲載されていないような、中小企業の情報も入手できます。

ザ・ビジネスモール

Yahoo!ファイナンス企業情報

Yahoo!ファイナンス企業情報は、会社四季報から得たデータを掲載するサービスです。掲載中の情報は速やかに更新され、社名・住所・決算・中間配当などは、企業から発表された当日の夕刻あたりに改訂がなされます。

Yahoo!ファイナンス企業情報は、決算情報を調べたいときにおすすめです。企業コードや企業名で検索でき、会社概要・決算情報・株価などを調べられます。

Yahoo!ファイナンス企業情報

h2:企業情報を取得できる有料サービス

より詳細な企業情報を求める人に向け、有料で企業情報を取得できるサービスを紹介します。

RoboRoboコンプライアンスチェック

RoboRoboコンプライアンスチェックは、取引先が、反社会的活動や違法行為に手を染めていないかを調査できるサービスです。

検索数が増えるごとに、利用料金は増えます。「インターネット記事 & 新聞記事まとめて検索」の場合、月100件までなら3万円、月300件までなら8万4,000円、月1,000件までなら22万円がかかります。なお、10件までは無料で使えるため試してみましょう。

ほかにも、RoboRoboコンプライアンスチェックには、検索結果が残る、新聞記事を検索できる、利用料金が安価、上場準備に利用できるなどのメリットがあります。

RoboRoboコンプライアンスチェック

帝国データバンク

帝国データバンクは、企業の基本情報から、企業の信用情報にかかわるデータまで詳細に確認できます。掲載されている情報は、帝国データバンクの調査員が、実際に現地を訪問して確認・収集したものです。目で見た情報をまとめているので、信頼性の高いデータが掲載されていると考えられます。

管理画面では、企業名をもとに検索でき、企業概要・代表者・登記情報・業績・倒産予測値などを調べられます。なお、月額利用料金は、ID発行総数により変わります。たとえば、ID数が1~5の範囲なら3,000円、ID数が101〜150では2万5,000円です。

帝国データバンク

東京商工リサーチ

東京商工リサーチのインターネット企業情報サービス(tsr-van2)は、データクレンジングと名寄せにより、同一企業の情報を集約し、矛盾のない状態で提供します。東京商工リサーチでは、本社住所や商号から企業情報を検索でき、取引銀行・販売先・仕入れ先・与信管理・業績など、企業力や信頼性の見極めに役立つデータを多数取得可能です。

月額利用料金は、ID発行総数により変わります。もっとも割安なプランでは、発行ID数が6で、月額利用料金は3,000円です。

東京商工リサーチ

ソーシャル企業情報

ソーシャル企業情報は、BtoB向けの営業リスト作成におすすめのサービスです。掲載中のデータは各企業の公式サイトから取得されており、年6回のペースで更新がなされます。データを業種や事業規模・エリアなどで検索すると、有力な営業リストの作成が見込めます。

ソーシャル企業情報で入手可能なデータは、企業名・本社や支店の所在地・従業員数・連絡先・業種・法人番号・上場区分・資本金などです。

サービスの登録にあたり初期費用はかかりません。なお、月額利用料金は、6,417円(銀行振込 12ヶ月契約の場合)です。

ソーシャル企業情報

SalesNow Targetting

SalesNow Targettingは、経済産業省と国税庁のデータベースと連携し、国内で登記されている企業をすべて把握しています。サービスを利用すると、壮大なデータベースから、充実した営業リストを作成できます。

取得できる情報は150を超え、多くの項目から該当する企業の絞り込みが可能です。基礎データ・業界や事業・企業規模・スタートアップ・連絡先・広告や広報・求人情報・決算情報に関するデータを取得し、営業活動に役立てましょう。なお、SalesNow Targettingの最低月額利用料金は、5万円です。

SalesNow Targeting

企業情報を取得できるサービスを選ぶときのポイント

企業情報を取得するサービスを選ぶ際は、コスト・取得できる情報・機能に着目しましょう。コストは、自社の予算しだいで決まります。取引先の調査に予算を割く余裕があれば、有料サービスがおすすめです。

各サービスは、提供できる情報が異なります。調査目的を明確にし、実用性の高いサービスを選びましょう。また、取引先を一括登録できる、インターネットと新聞の情報を同時に調べられるなど、便利な機能も比較してください。自社が必要とする情報を入手でき、使い勝手のよいサービスを見つけましょう。

まとめ

企業情報を取得できるサービスには、無料で使えるものも少なくありません。より詳細な情報を知りたい、効率よく情報を得たいという場合は、有料のサービスも検討しましょう。

RoboRoboコンプライアンスチェックは、検索結果が残るため、管理ツールとしても使用可能です。インターネットの情報と同時に、新聞記事も検索できます。他社と比べると、割安な料金でご利用いただけます。また、RoboRoboコンプライアンスチェックは、SBI証券推奨ツールです。上場の準備にもお役立てください。

RoboRoboコンプライアンスチェックについて、まずは資料請求をご利用ください。