反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

反社チェックで代表者を調べる方法とは|調査手順や重要性について解説

反社チェックを行う際には、具体的な方法を事前に把握しておくことがポイントです。特に「誰を対象に調べればいいのか」といった点は重要で、チェック時に漏れのないように備えておく必要があるでしょう。この記事では、反社チェックの対象となる「代表者」についての調べ方と、ほかに確認すべき項目について解説します。

反社チェックとは

まずは反社チェックの基本を確認し、何のために実施するべきなのかを理解しましょう。

企業の代表者や業務内容から反社会勢力でないことを確認すること

反社チェックとは、取引先の企業やその関係者が、暴力団などの反社会的勢力でないことを確認する作業です。自社のコンプライアンスにとって重要なものとなり、企業としての社会的信用を得ることにつながります。反社会的勢力には具体的な定義がないため、暴力団、半グレ、政治活動に扮した社会運動標榜ゴロと呼ばれる組織など、その種類はさまざまです。

反社チェックで企業の代表者を調べることの重要性

反社チェックで特に確認すべきは、企業の代表者です。以下では、代表者をチェックすることの重要性を解説します。

代表者が反社会的勢力と関係している可能性が考慮される

企業の代表者が、反社会的勢力と関係しているケースは多いです。仮に社員や役員が潔白でも、代表者が個人で反社と関係を持ち、結果的に企業として協力していることがあります。企業の代表者に対して徹底的な反社チェックを行い、問題がないことを確認するのが重要です。

反社チェックで代表者を調べることのメリット

反社チェックで代表者を調べることには、いくつかのメリットがあります。

事前にリスクを回避できる

反社チェックで代表者を調べることは、リスク回避につながるというメリットがあります。例えば、相手企業の代表者が反社と接触していたことが分かった場合、事前に反社チェックを行って関係構築を避けることで自社の名誉を守ることが可能です。

また、相手企業の代表者が反社であることを社内に周知させることで、社員への接触を防止できます。

会社の将来や社員の身を守ることにつながる点が、代表者の反社チェックにおけるメリットです。

反社チェックで代表者を調べるタイミング

反社チェックで代表者を調べるときには、以下のタイミングが有効です。

契約を締結する前に反社チェックを済ませる

代表者の反社チェックは、基本的に取引の契約を締結する前に済ませます。契約を終えて金銭を支払ってから反社チェックを行っても、その後対応できることが少なくなります。

また、仮に代表者が反社だった際に、資金提供を行った企業が条例により罰則を受ける可能性もあります。契約による関係を持つ前に、代表者への反社チェックは全てしておくことが重要です。

代表者が変更したタイミング

既に、取引している企業の代表者が変更された場合にも、反社チェックを行うことがおすすめです。正当な理由のない代表者の変更は、反社会的勢力による介入の疑いがあります。

代表者や役員が頻繁に変わる場合、その会社に何らかの問題が発生している可能性があるため、反社チェックを行って必要に応じて距離を取ることも考えられるでしょう。

反社チェックで代表者を調べる方法

反社チェックで代表者を調べる方法には、以下のようなパターンがあります。

反社チェックを行う企業の代表者の情報を確認する

反社チェックで企業の代表者を調べる際には、まず公開されている情報を確認してまとめます。代表者の名前や経歴といった基本情報を収集し、それらを参考にインターネットで検索をかけ、反社会的勢力との関わりを感じられる要素がないかチェックしましょう。

代表者の基本情報は、一般的に会社のホームページなどに記載されています。

代表者が担当している別の法人も反社チェックをする

代表者が複数の企業に何らかの形で関わっている場合、その全てに対して反社チェックを行います。企業の代表者が別の法人に対して、アドバイザーなどの役割で参加しているケースは珍しくありません。

代表者が所属・関連する企業は全て洗い出し、反社チェックを実施しましょう。

代表者の名前で新聞や雑誌記事のデータベースを検索する

代表者への反社チェックは、インターネットだけでなく新聞や雑誌記事を情報源とするのもポイントです。新聞・雑誌記事の専門データベースを活用し、「代表者名+キーワード」で過去の記事を検索します。

例えば「逮捕、行政指導、捜査、罰金、容疑」などのキーワードと組み合わせると、過去の事例を引き出すことが可能です。インターネットには残っていない反社会的勢力とのつながりを把握できる場合があるため、代表者の反社チェックには各種データベースを使ってみましょう。

法人登記を確認する

代表者への反社チェックは、法人登記を使うことも検討されます。法人登記とは、法務局に登録してある会社に関する情報のことで、一般に公開されているため誰でもチェックが可能です。

代表者の経営する企業情報と登記情報に違いがないか調べることで、虚偽の内容による契約をしようとしていないか確認できます。

また、商号が変更されているかどうかも確認できるため、過去の法人名がある場合その名前に対しても反社チェックを行いましょう。

業界団体が提供する情報源を使って反社チェックをする

業界によっては、各自の情報提供によって反社会的勢力に関するデータベースを所有している場合があります。各業界団体の情報源を参考に代表者のことを調べることで、新しい事実が発覚するかもしれません。

そのほか、警察や都道府県の「暴力追放運動推進センター」の情報も併用することで、より詳細に代表者の反社チェックが可能です。

代表者の素性を信用調査会社で調べる

代表者について本格的に調べる必要があると思われる場合には、信用調査会社を活用することも考えられます。信用調査会社では個人の素性について時間をかけて調べてくれるため、信頼できる情報を習得可能です。反社チェックの判断材料となる情報が少ないときには、信用会社を利用してみましょう。

代表者のSNSなど個人的な発信元もチェックする

代表者のような個人への反社チェックを行う際には、SNSもチェックします。個人として発信している写真や文章から、反社会的勢力とのつながりが疑われる証拠が出るケースもあり得ます。

代表者が、TwitterやFacebookなどを使っている場合には、過去の投稿を追いかけて反社チェックを行いましょう。

反社チェックの専用ツールを使って効率化する

代表者の反社チェックには、時間がかかるケースも少なくありません。調査時間を取れない場合などには、反社チェックの専用ツールを活用して効率化することもおすすめです。

反社チェックの専用ツールには、スムーズに情報の収集・調査を行うシステムが構築されているため、時間や人員をかけずに代表者の素性を調べられます。

反社チェックで代表者以外に調べるべき対象

反社チェックを実施する際には、代表者以外にも以下の人物が調査対象になります。

会社の役員

会社の役員に任命されている人たちも、反社チェックで調べるべき対象です。役員の名前も代表者同様にホームページや法人登記で確認できるため、各種方法で反社会的勢力とつながりがないかチェックをしましょう。代表者の場合と同じく、役員のメンバーが頻繁に変更している会社は、反社チェック時に注意しておくべき対象となります。

主要取引先

相手企業の主要取引先も、反社チェックの対象です。代表者に問題がなくても、その会社が取引をしている企業が反社会的勢力に属する場合、間接的に自社も反社に関わってしまう可能性があります。代表者の周囲に反社会的勢力がいないか確認するためにも、まずは主要取引先から反社チェックを行いましょう。

会社の株主

代表者だけでなく、その企業の株主についても反社チェックを行うケースがあります。株主が法人の場合には、その企業の代表者や役員などの関係者にも反社チェックを行いましょう。

取引相手が個人事業主の場合

業務の外注を依頼する場合などは、取引先が個人事業主であるケースも増えています。

以下からは、個人事業主の場合の反社チェックについて解説します。

個人事業主の場合も代表者の反社チェックを行う

相手が個人事業主の場合にも、代表者の反社チェックは通常通りに行います。代表者の詳細とこれまでの取引履歴などを確認し、問題のある行為がないか把握しておきましょう。契約時には反社会的勢力に関する条項を明記し、しっかりと著名をもらってから依頼することも重要です。

まとめ

安心安全な取引を行うためには、企業の代表者に対して反社チェックを行うことが重要です。この機会に代表者への反社チェックの方法とその重要性を確認し、確認漏れがないように備えましょう。

代表者への反社チェックを効率良く行いたい場合には、専用ツール「RoboRoboコンプライアンスチェック」の導入がおすすめです。インターネットと新聞記事の同時検索が可能なため、代表者の情報をスムーズに収集できます。

そのほか、検索結果を残して管理ツールとして機能させたり、上場準備のために利用したりといった応用も可能です。他社の製品と比較して価格が安い点も魅力であるため、反社チェックにおける専用環境の整備にぜひ利用してみてください。