作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』を提供開始

反社チェックはシステムで管理するのがおすすめ!必要性や効果を解説

企業に高いコンプライアンスが求められている今、反社チェックの重要性は増しています。反社チェックとは、反社会的勢力(反社)と取引きを行わないよう、事前に反社かどうかを見極めるためのものです。この記事では、反社チェックシステムの必要性や効果、導入の際のポイントなどを解説します。ぜひ参考にしてください。

反社チェックとは?

反社チェックとは、対象の企業や人が反社会的勢力(反社)かどうかを調べることです。契約前に反社チェックを行い、相手が反社の場合契約しないようにします。こうすることで、反社と取り引きすることを防げるでしょう。

反社チェックにはさまざまな方法がありますが、おもな方法としては、インターネット検索、新聞記事検索、反社チェックの専門業者に依頼、といったものがあります。

インターネット検索による反社チェックは、WebサイトやSNSなどで、該当する企業や個人名を検索します。反社とつながりがありそうな投稿や、反社と関係がうかがえる内容が検出された場合、反社の可能性が高いでしょう。

新聞記事検索は、過去の新聞記事を検索できるサービスを利用します。新聞記事になるような事件を起こしたことがあるかどうかを判別可能です。

反社チェックの専門業者は、独自の方法で反社かどうかを調べ上げます。よい業者を選べば、信頼性の高い結果がでるでしょう。

反社チェックが必要な理由

なぜ、そこまでして厳密に反社チェックを行わなければならないのでしょうか。その理由について解説します。

企業存続の危機につながるため

法律の改正や警察の取締強化のため、暴力団の数は減少しています。しかし、その分すぐに暴力団とは判別されず、実態は反社であるような団体は増加しているといわれています。そのため、反社チェックが甘いと、うっかり反社と契約を結んでしまうかもしれません。

反社と関わりをもってしまうと、自社が反社とつながりがあると判断されます。場合によっては、行政指導や融資停止、上場廃止に陥る可能性もゼロではありません。

こういった処分のほか、取引先や顧客など、周囲からの信頼も低下します。反社と関わりがあるという風評が広まると、自社と取り引きする企業がいなくなる恐れもあるでしょう。

脅迫や恐喝のリスクがあるため

反社には一般常識は通用しません。ときには、極めて不当な要求を求めてくる可能性もあります。ためらいなく脅迫や恐喝を行う人もいるため、一般人にとってかなり危険な存在です。こちら側に何も落ち度がなくても、弁護士への依頼が必要になるかもしれません。

また、企業に対する嫌がらせだけではなく、従業員まで危険にさらされる可能性もあります。警察や弁護士などに相談すれば解決するかもしれませんが、解決するまでには時間も手間もかかるでしょう。

反社チェックにシステムが必要な理由

自社で反社チェックを行う場合、思い込みによる判断や、関係のない情報を拾ってきてしまう、同姓同名の見分けがつかないなど、信頼性が低い結果になる可能性があります。反社と取り引きすることは自社にとって非常に危険であり、反社ではない人を反社として判断してしまことは失礼になります。

ただ、確実に反社チェックを行おうとすると、手続きが煩雑で時間がかかり、本来の業務が滞るかもしれません。取引開始が遅れれば、結局顧客の信頼を落としてしまうでしょう。

このような問題を解決するためには、反社チェックを自動で行う反社チェッシステムやツールが必要です。

反社チェックシステムの導入によりできること

反社チェックシステムにはさまざまな種類があり、それぞれ機能が異なります。反社チェックシステムの一例として、RoboRoboコンプライアンスチェックを導入したときにできることについて解説します。

RoboRoboコンプライアンスチェックは、取引先登録を一括に行えます。そのため、最初の登録にも時間をかけずにすむでしょう。

反社チェックは1クリックで自動検索されます。一つ一つブラウザで検索するような手間は必要ありません。RoboRoboコンプライアンスチェックでは、自動検索のほか、関連記事の自動選別、証跡をまとめてダウンロード可能で、反社である証拠を一度に残せます。

100件のチェック時間が最大98%短縮されるため、反社チェックに関わる多くの課題を解決できるでしょう。

反社チェックシステムを導入する際のポイント

反社チェックシステムを導入する際には、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

自社の課題を確認する

導入前に、まず自社における反社チェックに関する課題を確認します。反社チェックの課題としては、反社チェックにかかる時間が膨大、人手が足りず十分な反社チェックができない、反社チェックの精度に自信がない、といったものがあるでしょう。

浮き彫りになった課題が、反社チェックシステムで解決可能な場合、反社チェックシステムの導入を検討してみてください。システムの導入により、反社チェックに関わる負担を大きく減らせる可能性があります。

反社チェックシステムの利用範囲を決める

反社チェックシステムを導入するときは、システムをどの範囲まで利用するかを決めておきましょう。そうしておくと、反社チェックシステムに求める機能が絞れるため、反社チェックシステムの選定がスムーズになります。

反社チェックシステムを利用する目的が、コンプライアンス強化か、正確な情報収集か、反社チェックに関わる業務を減らすためか、などによって、システムに求める機能は変わってくるでしょう。

適切な反社チェックシステムを選定する

自社の課題や利用範囲に適した反社チェックシステムを選定しましょう。システム選定において重要視するポイントは企業によって異なりますが、基本的に信頼性、実用性、安全性、効率性などがあげられます。

反社かどうか正しい結果が出せるかのどうか、自社にとって使い勝手がよいものか、セキュリティ性が高く安全に使用できるか、反社チェックにかける時間や手間を削減できるかどうか、といったことを確認しつつ選ぶとよいでしょう。

そのほか、以下のような点にも注目してみてください。

サービスの情報源

反社チェックの精度を高めるためには、複数の情報源を参考にする必要があります。そのため、反社チェックシステムがどのような情報源をもとにしているのか、確認してみてください。情報源の内容も、公的なものを活用していると信頼度が高まります。

オプション機能

ほかのシステムと連携可能かどうか、拡張性はあるのかどうか、といったオプション機能についても確認が必要です。オプション機能により、使い勝手や効率性が大きく変わる可能性もあります。

実際の導入事例

株式会社Voicyは、有名人やインフルエンサーなどの声によるコンテンツを配信しています。ユーザーに安心して配信を楽しんでもらうためには、コンプライアンスに問題のない配信者を採用することが必須です。そのため、配信者のコンプライアンスチェックには時間も手間もかけていました。株式会社Voicyの導入事例はコチラ

しかし、他業務に支障をきたすようになり、反社チェックシステムであるRoboRoboコンプライアンスチェックを導入しました。結果として、コンプライアンスにかける時間を4分の1まで減らすことに成功しています。

まとめ

反社チェックは企業にとって必須ともいえる業務です。しかし、確実に反社チェックを行おうとすると、時間も手間もかかります。反社チェックに関わる悩みを解決するためには、反社チェックシステムの導入がおすすめです。

なかでも、RoboRoboコンプライアンスチェックツールは、取引先を登録するだけで信用情報を自動で収集する便利なサービスです。一括登録や、検索結果のダウンロードも可能であるため、利便性実用性に優れています。

資料請求