反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

反社チェックを個人事業主に実施する必要性は?具体的な手法とともに解説

反社チェックは企業だけでなく個人事業主も対象にすべきです。反社チェックのやり方は、企業でも個人事業主でも基本的に同様です。この記事では、個人に対する反社チェックを行いたいと考えている人に向けて、反社チェックの必要性や手法を解説します。リスクを回避してビジネスを進めるために、ぜひ参考にしてください。

反社チェックの概要

反社チェックとは、そもそもどのようなものなのでしょうか。ここでは、反社チェックの概要を解説します。

反社とは

反社とは、反社会的勢力のことを示しています。具体的には、暴力や威力によって経済的な利益を要求しようとする団体や人が反社に該当します。

団体や人によっては、一見すると反社だとわからない場合もあるため注意が必要です。一般企業を装っている反社も存在するため、入念にチェックしなければなりません。

反社チェックとは

反社チェックとは、取引相手が反社かどうか調べることです。反社と関わりをもつとさまざまなデメリットや問題につながるおそれがあるため、多くの企業が反社チェックを実施しています。

反社と関係をもたず安全にビジネスを進めるには、どのような相手であっても反社チェックを徹底的に行う必要があります。

個人事業主に対する反社チェックが必要な理由

相手が企業と個人事業主のいずれであっても、契約を交わす際は反社チェックを行うべきです。ここでは、その理由について解説します。

政府指針に従うため

政府は、企業が反社と関わりをもたないようさまざまな対策を進めています。政府が公開している「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」では、反社による被害を防ぐための基本原則が定められました。

この指針では、企業が契約を結ぶ際は、契約書に反社条項(暴排条項)を定める必要があるとしています。また、反社に関する情報をデータベースで管理すべきことも定めています。

金融庁の監督指針に従うため

政府指針を受け、金融庁は反社による被害を防止するための項目を定めました。具体的な内容については「主要行等向けの総合的な監督指針」で確認できます。

金融庁の指針では、政府指針で示されていない対策についても言及されました。具体的には、各企業は反社への対策を進めるための部署を設ける必要があるとされています。反社との関わりを防ぐための一元的な管理体制の整備が求められています。

暴力団排除条例を守るため

すべての都道府県はそれぞれ暴力団排除条例を独自に定めています。いずれも、企業や個人が反社と関わらないようにするための基本的な決まりです。

企業が契約を結ぶときは、相手が反社かどうか事前にチェックする必要があります。また、契約書に暴力団排除条項を設置しなければなりません。暴力団関係者に対する利益供与も禁止されています。

ただし、都道府県の暴力団排除条例は努力義務であり、罰則は特に定められていません。

新規上場審査基準をクリアするため

新しく証券取引所に上場する際は、反社との関わりがないこともひとつの条件となっています。反社との関わりが明るみになれば、証券取引所に上場できなくなるため注意が必要です。

直近での上場を考えていない企業も少なくないでしょう。しかし、早い段階から反社との関わりを排除しておかないと、上場したいと考えるタイミングで上場できなくなるおそれがあります。一度反社との関わりをもつと断ち切るのは簡単ではないため、気をつけるべきです。

取引の安全性を確保するため

反社と関わりをもてば、さまざまな被害にあうリスクがあります。たとえば、脅しにより不当な金銭を要求されるおそれがあります。また、自社と反社のつながりが噂になれば、イメージの低下につながる可能性が高いです。その場合、ほかの取引先から契約を打ち切られ、業績が低迷するかもしれません。

安全にビジネスの取引を進めるためには、相手が信頼できるかどうか事前にチェックすることが大切です。信頼できる相手とだけ契約を結びましょう。

個人事業主に対する反社チェックを行うタイミング

個人事業主と取引する場合も、反社チェックは忘れずに実施しましょう。反社チェックを行うタイミングは、契約や金銭のやり取りが発生する前です。権利や義務が生じていないうちに反社チェックを実行すれば、問題がある相手と契約しなくて済みます。

なお、問題がないと判断して契約した後も、定期的に反社チェックを実施してください。契約後に相手が反社とつながりをもつ可能性もあるためです。

反社チェックの基本的な方法

反社チェックは、どのように行えばいいのでしょうか。ここでは、反社チェックの基本的な方法を解説します。

企業情報を確認する

反社チェックの基本は、相手の企業情報を確認することです。商業登記を取得し、正確な企業情報を確認しましょう。特に、会社名、役員、住所などが頻繁に変更されていないかチェックすることが大切です。

インターネットで検索する

反社チェックでは、インターネットも活用できます。相手の企業名と反社に関連するキーワードを組みあわせて検索すると、反社との関わりについて情報を得られます。キーワードの例をあげると、「反社」「暴力団」「不正」「グレー」などです。

ニュースを検索する

相手が反社と関わりをもっている場合、過去にニュースで報道されている可能性もあります。新聞記事やWebニュースの記事を検索し、過去に反社との関わりが疑われる行為をしていないか調べてください。

風評の調査を実施する

反社との関わりを確認するためには、風評の調査も効果的です。業界団体や同業他社に問い合わせると、その企業の評判を確認できます。問題がある噂があるなら、さらに深堀りして調査を進める必要があります。

外部機関に相談する

相手が反社と関わりをもっていそうな場合は、早めに外部機関に相談すると心強いです。警察や暴力団追放運動推進センターなどに相談すると、それぞれが保有している反社の情報を照会できます。

個人事業主を反社チェックするには?

個人事業主に対して反社チェックを行う場合、まずは本人から個人情報を提供してもらう必要があります。免許証、パスポート、保険証、マイナンバーカードなどの提示を求めるとスムーズです。基本的な個人情報をもとにし、すでに解説している反社チェックの方法を実施します。

なお、契約を検討している個人事業主がもともと知り合いであるケースもあるでしょう。しかし、その場合も、ビジネスで契約を交わす以上は例外なく反社チェックを実施する必要があります。

企業や個人事業主に対する反社チェックの選び方

反社チェックを行うときは、なるべく簡単な方法から実施しましょう。くわしく実態を調べるための作業は複雑であり、多くの人手がかかります。時間やコストも多くかかるため、非効率です。

まずは自社で相手企業の情報を確認し、検索をかけましょう。必要があれば、他社への照会や調査も検討します。さらに、くわしく調べたい場合は、外部機関へ相談してください。

相手が反社チェックである可能性が高い場合の対応策

反社チェックにより相手が反社である可能性が高いと判断した場合は、契約を結んではいけません。取引が始まっていても、その時点で中止すべきです。相手が具体的な理由を知りたがっても、伝える必要はありません。

やり取りを中止したうえで、弁護士や警察などの専門家へ相談します。相談が遅れると被害の発生につながる可能性もあるため、なるべく早めに相談することが大切です。

まとめ

ビジネスで取引をする際は、相手が企業でも個人でも必ず反社チェックを実施する必要があります。反社チェックの方法はさまざまありますが、まずは簡単な方法から実施しましょう。

RoboRoboは反社チェックができるツールです。検索結果が残るため、取引先の管理ツールとしても利用できます。SBI証券が推奨しており、上場の準備にも活用できます。他社のツールよりも低価格で利用できるため、ぜひ導入を検討してください。

資料請求