反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

取引先の企業情報の調べ方を紹介!調査目的やおすすめツールも紹介

ビジネスで新しい契約を交わすときは、事前に相手企業の情報をチェックしておく必要があります。この記事では、企業情報の調べ方を知りたい人に向けて、取引先の企業情報をチェックする目的や具体的な方法などを解説します。おすすめのツールも紹介するため、ぜひ参考にしてください。

企業情報とは?

企業情報とは、会社概要や経営状況、企業理念などのことです。新しい取引を結ぶ際に調査すべき企業情報の例をあげると、以下のとおりです。

・企業名

・事業内容

・本社住所

・事業所や支店などの住所

・代表者名

・法人番号

・電話番号

・従業員数

・資本金

・売上高

・取引銀行

相手企業に関するさまざまな情報を入手し、取引しても自社にとって不都合が生じないか確認する必要があります。最新の正確な情報を集め、自社が定めている基準に基づいて審査しましょう。

取引先の企業情報を調べる目的とは?

ここでは、取引先の企業情報を調べる目的について具体的に解説します。

反社チェックのため

企業情報を調べる一つの理由は、反社チェックを行うためです。反社とは反社会的勢力のことであり、暴力団や暴力団に関係する企業などが該当します。反社と知らずに取引した場合、さまざまなリスクにつながるため注意が必要です。

たとえば、社会的信用を失い、ほかの取引先から契約を断られる恐れがあります。その結果、自社の経営が悪化する可能性もあるでしょう。反社とのつながりを断ち切るのはトラブルが発生するなど簡単ではないため、契約前の反社チェックが重要です。

与信調査のため

与信調査とは、与信取引を行っても問題ないか判断するための調査です。与信取引では取引相手を信頼し、代金を受け取る前に商品やサービスを提供します。代金は売掛金となり、後日振り込んでもらう仕組みです。

与信調査では取引先の経営や取引の状況をチェックし、与信取引を行っても問題なく代金を回収できそうか判断します。確実に売掛金を回収するためには、入念な与信調査を実施する必要があります。

取引先の企業情報の主な調べ方

取引先の企業情報を調べるには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、主な調べ方を解説します。

インターネット検索

インターネットで検索すれば、企業の公式サイトやSNSなどで発信されている情報をまとめてチェックできます。口コミサイトもあるため、取引先の評判も確認できます。最新のニュースも検索し、取引先に関する問題が報道されていないか調べてください。

インターネット検索なら、取引先に関する情報を簡単に収集できます。会社名だけでなく、役員名でも検索してみると、より幅広い情報収集ができます。

新聞記事検索

インターネット上で新聞記事の検索ができるサービスがあります。会社名で検索をかけ、取引を希望する企業について情報が掲載されていないか確認しましょう。新聞記事は過去の情報も探すとよりよいです。新聞記事検索サービスを使えば、過去の新聞記事も簡単にみつけられます。

業界専門誌

業界専門誌は、各業界に属する企業の情報がまとめられている雑誌です。取引先の基本情報をすぐに確認できます。業界専門誌は図書館にも置いてあるため、無料で利用できます。ただし、取引する業界が限られているなら、業界専門誌を自社に備えたほうがスムーズに調査を進められるでしょう。

有価証券報告書

株式を公開している企業について調べたい場合は、有価証券報告書も確認しましょう。公式サイトに有価証券報告書を掲載している企業も多いです。金融庁が管理している電子開示システムのEDINETを使用して有価証券報告書を確認する方法もあります。

有価証券報告書をチェックすれば、貸借対照表やキャッシュフローなどをチェックできます。経営状況や事業内容のリスクなども把握できるため、取引の可否を判断するうえで重要な情報となるでしょう。

社内情報の調査

すでに取引している企業について改めて調べるときは、社内に蓄積している情報も調査対象になります。自社が保有している企業情報や過去の取引のデータなどを確認しましょう。また、過去の取引に対応した担当者を特定し、ヒアリングするのもひとつの方法です。ほかの調査では得られない情報がみつかる可能性があります。

現地調査

よりくわしい情報を手に入れるためには、現地調査の実施も検討しましょう。取引先に電話をかけてヒアリングしたり直接企業を訪問したりする方法があります。メールを送って質問に回答してもらうのもひとつの方法です。

現地調査を実施すれば、世の中には出回っていない取引先の情報を把握できる可能性があります。より入念な調査が必要な場合は、現地調査を実施してください。

取引先の企業情報を調べる際の注意点

取引先の企業情報を調べるときは、気をつけたいこともあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。

自社での調査は手間と時間がかかる

自社で複数の取引先の企業情報をいちいちチェックしていると、たくさんの時間と手間がかかります。調査をスムーズに進めるには、効率的に取り組むための体制を構築することが大切です。具体的には、調査に役立つツールを導入すると効果的です。取引先の企業情報を調べるためにおすすめのツールについては後で紹介するので、あわせて参考にしてください。

状況によっては外部の調査機関に依頼する必要もある

状況によっては、自社の調査だけでは十分な情報を得られない可能性もあります。自社で収集した情報で正確な判断ができないときは、外部の調査機関に依頼してよりくわしい情報を集めるのもひとつの方法です。調査機関はプロであり、より詳細な情報を入手できる可能性が高いです。情報の精度も高くなります。

ただし、自社で調査するよりもコストがかかります。費用対効果も考慮したうえで、外部の調査機関に依頼すべきか検討しましょう。

収集した情報が正確なのか精査する必要がある

インターネット上にはたくさんの情報があふれており、なかには誤った情報が混ざっている可能性があります。収集した情報をすべて鵜呑みにするのではなく、正しい情報なのか精査する必要があります。たとえば、訪問調査を実施すれば、調べた情報が真実なのか判断するために役立つでしょう。

企業情報の調査を効率化するなら「RoboRoboコンプライアンスチェック」

企業情報を効率的に収集するには、「RoboRoboコンプライアンスチェック」がおすすめです。ここでは、概要やメリットなどを紹介します。

RoboRoboコンプライアンスチェックとは

RoboRoboコンプライアンスチェックは、コンプライアンスチェックを自動的に進められるツールです。クラウド上で利用できるため、インターネットに接続していればどこからでも使用できます。すでに1,500社以上が導入しており、多くの企業が取引先について調査するために活用しています。上場企業の導入実績も豊富です。

機能・メリット

RoboRoboコンプライアンスチェックでは、相手企業が信頼できるかどうか判断するために必要な情報をスムーズに収集できます。取引先の登録は簡単に行え、1クリックするだけで自動的に検索が始まります。チェックレベルが3段階にわかれており、自社にとって必要な情報をもれなく収集することが可能です。

調べた情報はまとめてダウンロードできるため、調査の証拠としても活用できます。実際に利用している多くの企業が情報収集を効率化できたと評価を得ています。

まとめ

取引先と安全にやり取りするには、相手の企業情報をよく確認することが大切です。企業情報の調べ方はさまざまありますが、ツールを活用するとより効率的になります。

RoboRoboコンプライアンスチェックは、検索結果が残るため管理ツールにもなるコンプライアンスチェックツールです。インターネット上の記事だけでなく、新聞記事も同時に検索できます。価格もリーズナブルで導入しやすいです。企業情報をスムーズに調べるために、ぜひ活用してください。