反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

与信審査とは?基準設定のポイントや注意点を解説

ビジネスの取引をスムーズに進めるには、与信審査を徹底する必要があります。きちんと与信審査を実施すれば、トラブルの防止につなげることが可能です。この記事では、自社の与信審査を徹底したいと考えている企業の担当者へ向けて、与信審査のポイントや与信審査基準の設定方法を解説します。あわせて注意点も解説するため、ぜひ参考にしてください。

与信とは?

与信とは、取引先に信用を与えることです。企業同士の取引では前受取引や現金取引が行われる場合もありますが、与信取引を行うケースも多いです。

与信取引では相手の信用をもとに商品を提供し、後払いで代金を回収します。確実に代金を回収するには、取引相手の状況をしっかりチェックしなければなりません。代金を回収するために取引先の信用力を分析して管理することを「与信管理」といいます。与信管理の徹底により、与信取引を安全に進められます。

与信審査とは?

与信審査とは、取引先が信用できるかチェックし、取引しても問題ないと判断するための審査です。与信取引を行う場合、事前に与信審査を実施したうえで、取引先が基準をクリアしているかチェックする必要があります。

安心してやり取りするには、取引に関するさまざまな基準を明確に定めなければなりません。特に、与信限度額については、慎重に基準を設定しましょう。与信限度額を適切に設定すれば、万が一の事態が発生しても、自社が被る損失を最小限に抑えられます。与信審査や基準を設定するための手順は、以下でくわしく解説します。

与信審査の流れと基準設定のポイント

ここでは、与信審査の流れと基準設定のポイントについて、具体的に解説します。

1.取引先の情報を収集する

与信審査を行うには、取引先の情報を収集する必要があります。収集すべき情報を具体的にあげると、以下のとおりです。

・会社概要

・決算に関する情報

・経営者・役員の情報

・陶器関連情報

・事業計画

取引先の基本的な情報は、インターネットで検索すると調査できます。取引先が公表している公式のデータを参照しましょう。また、より細かい部分まで確認したい場合は、外部の調査会社に依頼する方法もあります。

2.取引先の情報と整理・精査する

集めた情報を整理し、精査しましょう。情報は、定量データと定性データに分類します。定量データとは、数値で表されている情報です。一方、定性データとは、数値で表わせない情報を意味しています。それぞれ性質が異なるため、わけて考える必要があります。

絶対評価だけでなく、相対評価も取り入れることが大切です。絶対評価はあらかじめ設定した評価基準をもとに判断するのに対し、相対評価は取引先の全体像を捉えて総合的に判断します。

3.与信限度額を設定する

与信限度額とは、取引先との与信取引を許容する上限金額のことです。未払いが発生しても自社の経営にすぐ影響が出ない金額を設定する必要があります。特に新規の取引先は過去の実績がないため、未回収のリスクがあります。そのため、与信限度額は慎重に設定しなければなりません。取引先の状況を客観的に判断して設定しましょう。

与信限度額を設定する際のポイントは、以下でくわしく解説します。

与信審査における与信限度額の設定方法

与信審査を行ううえでは、適切な与信限度額の設定が重要です。ここでは、与信限度額を設定する方法を解説します。

取引先の純資産を基準に設定する

与信限度額は、取引先の純資産を基準に設定する方法があります。仮に未回収になっても自社の経営への影響を最小限に抑えられる範囲を確認することも重要です。ギリギリの範囲ではなく、なるべく余裕をもつ必要があります。

それぞれを確認したうえで、取引先のウエイトに応じて与信限度額を設定しましょう。ウエイトとは、取引先の信用に応じて設定する利率です。この場合、「純資産×一定の割合×ウエイト」で与信限度額を計算します。

自社の売上債権を基準に設定する

売上債権とは、代金を受け取るための権利です。信用取引においては、売掛金が売上債権に該当します。自社の売上債権を基準にし、一定の範囲内で与信限度額を設定しましょう。取引先から売上債権を回収できなくても経営を継続できるようにすることが大切です。

自社の売上債権を基準に、与信限度額を設定するときの計算式は「売上債権×一定の割合×ウエイト」です。

取引先の仕入債務基準で設定する

取引先の仕入債務基準をもとに、与信限度額を設定することも方法です。仕入債務とは、買掛金や支払手形を意味しています。仕入債務基準をもとにし、一定の割合で与信限度額を設定します。

取引先の決算情報がわからない場合は、推定値を算出したうえで与信限度額を設定しましょう。取引先の仕入債務基準をもとに与信限度額を設定する際の計算式は、「仕入債務 一定の割合×ウエイト」です。

与信審査基準を設定する際のポイント

与信審査基準を設定するときは、さまざまなことを確認します。ここでは、具体的なポイントを解説します。

取引先の理想像を決めておく

与信取引を行うなら、あらかじめ取引先の理想像をイメージしておきましょう。どのような相手なら安心して取引できるか考え、理想像と比較しながら与信審査基準を定めてください。具体的には、経営理念や売上高の最低ラインなどを具体的に考えてみるといいでしょう。

管理部門を設置しておく

与信審査を行うには入念な情報収集が必要です。営業部門が与信審査に対応している企業も多いですが、取引先が増えると作業の負担が大きくなります。その結果、業務効率が下がる原因になるでしょう。

与信審査をスムーズに進めるには、与信審査に対応する専門の管理部門を設置するのがおすすめです。情報収集に力を入れられるため、効率的に与信審査を進められます。より時間をかけてくわしい情報を集められる可能性があります。

継続的に調査を行う

与信審査は、新しく契約するときだけでなく継続的に行う必要があります。既存の取引先の経営状況が悪化する恐れもあるため、定期的に与信審査を実施することが大切です。与信審査そのものや与信限度額についても見直し、取引先について適切に判断できるようにしましょう。

与信審査基準を設定する際の注意点

与信審査基準を設定する際は、基本的に厳しい条件を定める必要があります。ただし、あまりにも条件を狭めすぎると、取引できる企業の数も極端に減る可能性があります。

与信審査基準は厳格に定める必要があるものの、柔軟性も必要です。自社が取引する企業の特徴も踏まえ、主観も交えながら与信審査基準を設定しましょう。企業によってそれぞれ状況は異なるため、総合的な目線で検討できるようにすることが大切です。

取引先の与信情報を効率よく収集するには?

与信審査では、取引先ごとに情報を収集する必要があります。インターネットで検索すれば簡単に情報を集められますが、毎回検索をかけるとなると、たくさんの手間や時間がかかるでしょう。

取引先の与信情報を効率的に集めるためには、コンプライアンスチェックツールを利用するのがおすすめです。必要な情報をまとめて収集でき、よりスピーディに与信審査を進められます。自社にとって必要な機能を備えるツールを選び、与信審査をスムーズに進めましょう。

まとめ

与信取引を安全に進めるためには、与信審査が重要です。明確な与信審査基準を設け、確実に売掛金を回収できる企業と取引しましょう。

RoboRoboコンプライアンスチェックは、管理ツールとしても活用できるコンプライアンスチェックツールです。新聞記事も同時に検索できるうえに、他社と比較しても低価格です。SBI証券も推奨しており、上場準備にも使用できます。与信審査をスムーズに進めるために、ぜひ活用してください。