作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』を提供開始

信用調査とは?信用調査を行うべきタイミングやポイント、活用の仕方について解説

信用調査

信用調査とは、取引相手が信頼できるかどうか判断するために実施する調査です。安全な取引を実現するため、多くの企業が信用調査を行っています。

この記事では、信用調査を実施したいと考えている企業に向けて、信用調査の方法や適切なタイミングについて解説します。信用調査に関する基礎知識を解説するため、ぜひ役立ててください。

信用調査とは

信用調査とは、企業が取引をする際に取引相手について調べるための調査です。信用調査を実施すれば、取引を検討している企業の基本情報や経営状況などを確認できます。安心して取引できる相手かどうか判断するために必要な情報を得ることが可能です。そのため、多くの企業が信用調査を実施しています。

信用調査でわかること

調査会社に信用調査を依頼すると、結果をまとめた報告書の提供を受けることが可能です。報告書には信用調査を実施した企業について、さまざまな情報が記載されています。たとえば、企業の基本情報もまとめられています。設立からの年月が長い企業や資本金が多い企業は、特に信頼できると判断できるでしょう。

また、売上高や経常利益になどについても記載されています。増加率が高いほど信用度も高めです。さらに、事業構成の欄では、対象企業が行っている事業の種類やそれぞれの売上高の割合が示されています。多角的にビジネスを展開している企業ほど高評価です。

信用調査の流れ

信用調査を実施する際は、まず自社で相手企業について調べます。過去に取引している場合は、社内で保管している情報をチェックしましょう。また、インターネットでも検索を実施し、相手企業に関する情報を探します。

さらにくわしい調査をするためには、相手企業を直接訪問するのも効果的です。また、調査会社に依頼する方法もあります。

信用調査の方法

信用調査の方法は複数あります。ここでは、それぞれの信用調査の方法について、具体的に解説します。

社内調査

社内調査は自社で実施する信用調査です。社内調査は内部調査とよばれる場合もあります。過去にも自社と取引した実績がある場合、取引履歴をさかのぼって相手企業の情報をチェックしましょう。実際に取引を担当した社員にヒアリングすれば、さらに具体的な情報を得ることが可能です。

ただし、社内調査はあくまでも社内で蓄積されている情報のみを対象とします。そのため、社内調査だけで十分な情報を得られるとは限りません。よりくわしく調べるには、ほかの調査方法も組みあわせる必要があります。

直接調査

直接調査は、相手企業と直接接触して実施する信用調査です。相手企業のオフィスを訪問したり、電話やメールなどを使用したりしてさまざまな確認を行います。相手企業へ直接確認をとるため、実際の状況を把握しやすくなります。相手企業の担当者の様子や日々の業務の取り組みについても確認が可能です。

ただし、企業によっては直接調査に対して不信感を抱くケースもあります。取引においては信頼関係が大切であるため、慎重に実施すべきです。

外部調査

外部調査とは、さまざまな情報源を活用して行う信用調査です。たとえば、官公庁が公開している登記を確認する方法があります。たとえば、商業登記簿や不動産登記簿の確認も可能です。さらに、インターネットを活用すれば、相手企業のWebサイト上で決算報告やIR情報なども閲覧できます。

外部調査を実施すれば、より幅広い情報を取得できます。ただし、すべての情報が正しいとは限らないため、情報源についてよく見極めなければなりません。

依頼調査

依頼調査は、第三者に依頼して行う信用調査です。照会調査と依頼調査に大別できます。照会調査では、相手企業と関わりをもつ組織に対して情報を照会します。これに対して依頼調査は、専門的な企業へ信用調査を依頼する方法です。自社の力だけでは把握できない細かな情報も集められる可能性があります。

依頼調査を実施すれば、信憑性の高いより多くの情報を得られます。ただし、有力な情報を得られるかどうかは状況によっても異なるでしょう。

信用調査を行うべきタイミング

信用調査を行うタイミングはさまざまあります。たとえば、新しく取引を開始しようと考えている場合、相手企業の支払い能力を確認するために信用調査を行います。また取引を始めた後も、相手企業の経営が悪化しているといった噂を聞いたときには信用調査を実施すべきです。

信用調査を行えばトラブルの回避につながるため、怪しいと感じたタイミングで行うことが対越です。

信用調査が必要な理由

信用調査は、取引で発生する可能性があるリスクを抑えるために必要です。信用調査を行わずに取引を開始した場合、売掛債権を回収できなくなる恐れもあります。ほかにもさまざまな問題につながる可能性があるため、くわしくは以下で解説します。

信用調査を実施しない場合に起こりうるデメリット

信用調査を実施しないと、どのような問題が発生するのでしょうか。具体的なデメリットについて解説します。

売掛債権の未回収に陥る可能性

経営状況が悪化している企業と取引していると、売掛債権が未回収になる恐れがあります。売掛債権を回収できなくても、自社が支払うべき費用の期限は基本的に伸ばせません。そのため、自社のキャッシュフローが悪化する原因になります。そのまま売掛債権を回収できなかった場合、自社にとって大きな損失になるため注意が必要です。

業績や業界内での印象が悪化する可能性

自社のキャッシュフローが悪化すれば、取引先に対する支払いも滞るリスクがあります。その場合、取引先にも多大な迷惑がかかるでしょう。自社に対する業界内での印象が悪化し、その後のビジネスにも悪影響が出るリスクがあります。自社の業績の悪化にもつながるため、十分に気を付けなければなりません。

連鎖倒産につながる可能性

多くの企業は、売掛債権の回収を前提にしてビジネスを進めています。しかし、取引企業から売掛債権を回収できなかった場合、自社の資金繰りの計画も大きく狂う恐れがあります。相手企業が支払いをせずにそのまま倒産すれば、連鎖倒産に陥る可能性がないとはいえません。

信用調査を行う際のポイント

信用調査を実施するときは、さまざまなポイントがあります。ここでは、具体的なポイントについて解説します。

売掛金の支払いが可能か確認する

信用調査においては、相手企業が売掛金を着実に支払えるかどうかチェックしましょう。そのためには、売上収入の有無を確認する必要があります。また、一時的な売上収入だけでなく、推移や受注状況についても細かく見ておくべきです。資金に余裕があるかどうかも確認し、売上収入が下がっても売掛債券を回収できるかチェックしてください。

資産や財務の状況をチェックする

相手企業の資産や財務の状況も確認し、担保余力があるかどうかも確認します。相手企業が何らかの資産を保有していれば、支払いが厳しくなった場合に資産を担保として借入ができます。その借入を支払いに当ててもらうことが可能です。不動産謄本を取得し、金融機関に対する未払いが発生していないかチェックしましょう。

企業の信用に関して判断する

与信調査においては、支払い能力以外にも相手企業のさまざまな側面について把握しておくべきです。たとえば、経営者の人柄も、相手企業が信頼できるかどうか判断するための重要な基準のひとつになります。数値化されたデータも組みあわせながら、あるべく正確な判断ができるように配慮しましょう。

信用調査における課題

信用調査においては課題もあります。特に中小企業の場合、信用調査で得られる情報は限定的です。より適切な判断をするためには、多くの情報も確認する必要があります。たとえばコンプライアンスチェックツールなどを使用し、相手企業に関する客観的な風評情報や信用情報を収集する方法が有効です。

幅広い情報源からデータを集め、相手企業について慎重に判断しましょう。

信用調査会社の活用について

信用調査は、専門的な企業に依頼して行う方法もあります。ここでは、信用調査会社を活用するメリットや選び方について、それぞれ解説します。

信用調査会社を活用するメリット

信用調査会社は信用調査のプロであり、短い時間や工数でスムーズに相手企業について調べられます。さまざまな情報源からデータを収集できるため、自社で信用調査を実施するよりも豊富な情報を得られます。また、第三者に信用調査を依頼するので、主観にとらわれずに適切な調査を進めることが可能です。

信用調査会社を選ぶ際のポイント

信用調査会社に信用調査を依頼すると、数万円以上の費用がかかります。調査の内容や調査にかかる時間によっても、費用は変化する可能性があるでしょう。また、依頼先によっても納期は異なります。初めて依頼する場合は、早くても2週間程度の時間がかかることが多くなっています。

さらに、それぞれの信用調査会社は、報告書のフォーマットを独自に用意しています。事前にサンプルを確認し、わかりやすい報告書かどうか確認しましょう。

まとめ

信用調査は、安全な取引を実現するために必要不可欠なものです。さまざまな調査方法があるため、自社や相手企業の状況にあわせて実施しましょう。

オープンアソシエイツ株式会社のRoboRoboコンプライアンスチェックツールは、管理画面上から相手企業を登録するだけで風評情報や信用情報を自動で集められるサービスです。一括検索に対応しており、検索結果はそのまま残せます。完全従量プランなら基本料がかからないため、ぜひ導入を検討してください。

資料請求