反社チェックの面倒な作業が驚くほどラクになる『RoboRoboコンプライアンスチェック』

反社チェックを自動化する方法とは?ツールの選び方やおすすめサービスを紹介

コンプライアンスが重要視される現代では、経営活動において反社チェックが欠かせません。しかし、通常業務が忙しいビジネスでは、反社チェックの負担軽減のため、自動化したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、反社チェックとは何か、自動化はどのように可能なのかを解説します。合わせておすすめの反社チェックツールも紹介しています。ぜひ、参考にしてください。

反社チェックとは?

反社チェックとは契約や取引を行う前に、対象企業が反社に関係していないかチェックすることをいい、コンプライアンスチェックとも呼ばれます。反社とは反社会的勢力を意味し、暴力団や暴力団関係企業などが反社に該当します。反社の多くは暴力団の資金作りのため、反社であることを隠し一般企業に接触します。

政府は「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」を定めており、その指針を受けて各都道府県では暴力団排除条例を制定しています。企業は反社との関係遮断を求められており、反社と取引関係がある場合、ペナルティを課されたり、社会的な信頼を失ったりする恐れがあります。反社チェックは、反社との関わりを回避するために大切です。

※参考:企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針 | 法務省

自社でできる反社チェックの主な方法

それでは、どのような反社チェックの方法があるのか解説します。自社でできる反社チェックは主に「インターネット検索」と「新聞記事検索」の2つです。

インターネットによる検索

インターネットで情報収集することで、対象企業に反社との繋がりがないかを確認します。企業名や個人名などを検索し、不審な点がないか調査します。対象企業の商業登記を閲覧し、住所や役員の変更などに不審点がないか確認するのも有効です。インターネット上には、オンラインで商業登記の閲覧ができるサービスもあります。

インターネット検索では、比較的新しい情報の収集は容易ですが、古い情報が見つけにくいというデメリットがあります。インターネット検索と合わせて、新聞記事データの収集も行うことで、より効果的な反社チェックができます。

新聞記事データの収集

日経テレコンなどの新聞データベースを利用すれば、過去記事を閲覧することができます。企業名や取締役の氏名などを検索することで、反社に関する記事がないか確認できます。新聞記事のデータベースは新聞社が提供しているものの他、新聞社を横断して検索できるサービスや、反社チェックに特化したサービスもあります。検索時に有効なキーワードは「暴力団」「反社」「総会屋」「検挙」「摘発」「不正」などです。

反社チェックの自動化は可能?

反社チェックは様々な情報を調査する必要があり、時間や手間がかかります。反社チェックに時間がかかった場合、取引開始が遅れることもあるかもしれません。他の業務が忙しければ、反社チェックの業務負担はできるだけ減らしたいところです。反社チェックツールを活用すれば、業務の自動化することができます。

反社チェックツールとは?

反社チェックツールとは、反社チェックを代行するサービスです。反社チェックツールを活用することで、反社チェックにかかる時間や手間を削減し、業務を効率化できます。ツールには様々な種類があり、それぞれ機能や特徴が異なるため、自社に合ったものを選ぶ必要があります。選ぶ際のポイントは情報源の信頼性・チェックの早さ、連携機能の有無、データの更新頻度などです。

反社チェックツールで作業を自動化する際の注意点

反社チェックツールを導入し、作業を自動化する際には、いくつか注意点があります。ここでは2つのポイントを解説します。

費用がかかる

反社チェックツールは手間や時間を削減できるといった便利なメリットがありますが、その分費用がかかります。継続的に費用が必要となるため、導入の際は自社の予算も考慮しなくてはなりません。反社チェックツールを選ぶ際には、トライアルを利用し、費用をかけずに複数のサービスを試してから、使いやすかったものを実際に導入するのがおすすめです。

ツールに依存しすぎない

反社チェックツールはあくまで、情報検索・収集を自動化するサービスです。収集した情報に懸念点がある場合は、状況なども考慮した上で、調査会社や警察・暴力追放運動推進センターへ連絡し、より詳細に調査することが大切です。

また、反社チェックツールによるチェックでは問題が見つからなくても、取引予定企業が取引契約を急かす、契約書の反社会的勢力排除条項について修正するよう要望するといった、不審な点がある場合にも、慎重になる必要があります。

反社チェックを自動化できるツールを選ぶときのポイント

反社チェックツールを選ぶときはポイントがいくつかあります。ここでは4つのポイントを詳しく解説します。

情報源の信頼性

反社チェックでは、チェックの正確性が重要となります。しかし、反社についての情報を確認できる公的な情報源は、今のところありません。正確なチェックのためには、信頼性の高い情報を元に検索・収集を行う反社チェックツールを選ぶことが大切です。また、反社チェックツールが参照できる範囲を確認し、自社の目的にあった情報が得られるのかを確認しておきましょう。

チェックにかかる工数

反社チェックを効率的に行うには、手間なく情報収集できることが大切です。チェックにかかる工数が多すぎる反社チェックツールでは、時間や手間がかかり、手動で情報収集した場合と業務負担があまり変わらなかった、ということにもなりかねません。反社チェックツールを選ぶ際は操作性を確認し、簡単にチェック作業を行えるか、情報の管理や共有がスムーズかといった点を確認しておきましょう。

データの更新頻度

反社チェックツールの情報の更新頻度も大切なポイントです。チェックできる情報が古い場合、信頼性は低くなります。情報はできるだけ新しいものを参照した方が、正確さが高まります。新規だけでなく、既存の取引先であっても、定期的な反社チェックは必要となります。反社チェックツールを選ぶ際は、例えば1週間に1回は情報を更新しているかなど、更新頻度を確認しておくと安心です。

連携機能

反社チェックツールにCRMやSFAといった、他の情報との連携機能があれば、反社チェックの手間が減らせます。CRM(Customer Relationship Management)とは顧客関係管理を、SFA(Sales Force Automation)とは営業支援システムを意味します。連携によって、通常業務の中で合わせて反社チェックもできれば、さほど時間がかからず、反社チェックの漏れも少なくなります。

反社チェックを自動化できるおすすめのサービス

反社チェックツールとしておすすめのサービスは、RoboRoboコンプライアンスチェックです。RoboRoboコンプライアンスチェックとは、取引先が法令を遵守していなかったり、社会規範に反する活動がないかを自動でチェックできるクラウドサービスです。このツールを使えば、上場企業に求められる反社チェックが、誰でも実現できます。

RoboRoboコンプライアンスチェックに取引先の登録をすれば、検索から検索結果の確認、証跡の保存までが自動で行われます。手作業による業務が減り、従来45時間かかっていた反社チェック作業を、1時間にまで短縮することができます。

まとめ

反社チェックは反社との関係遮断のため、企業の経営活動において欠かせないものです。しかし、反社チェックには時間と手間がかかり、大きな業務負担となる場合があります。

RoboRoboコンプライアンスチェックなら、反社チェックを大幅に効率化できます。インターネット検索と同時に、新聞記事も検索できるため、広く情報収集ができます。検索結果が残るため、管理ツールとしても機能します。価格が他社に比べて安い点もおすすめポイントです。

反社チェックが驚くほど楽になるRoboRoboコンプライアンスチェックの導入を、検討してみてください。

資料請求